<< 新潟の日本酒 四合瓶12本セット | main | シングルモルト12年もの飲み比べセット(マッカラン、グレンドロナック、グレンリヴェット) >>
2019.09.10 Tuesday

サントリー 知多  700ml

0

    JUGEMテーマ:ウイスキー



    【正規品】サントリー・ウイスキー・知多・グレーン・ウイスキー・正規代理店品・700ml・43%誕生日 ギフト プレゼント 結婚祝 贈り物 結婚 お祝い 記念品 ハードリカー

    価格:3,980円
    (2019/9/10 14:42時点)
    感想(13件)



    サントリーは現在、国内に3つの蒸留所を持っていて、一つは山崎、もう一つは白州で、それから知多になります。

    山崎蒸留所は1923年に日本のウイスキー史に初めて登場した蒸留所で、場所は京都郊外の山崎。千利休も愛したと言われる名水を使ってウイスキーづくりをしています。初代所長は有名な竹鶴政孝で、スコットランドで学んだウイスキーづくりの技術をつくして生産をはじめ、現在に至るまで、サントリーの主力蒸留所として稼働し続けています。
    この山崎蒸留所のシングルモルトである「山崎」は近年の国産ウイスキーブームの中で高い人気を博していて、ごく普通にプレミアムがついていて、なかなか入手困難になっているほど。

    そして白州は1973年に設立された同社2つ目の蒸留所で、山梨県北杜市にあります。北に八ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳をいただき、水質に優れた天然水が魅力で、「南アルプスの天然水」(サントリー 天然水(南アルプス)2Lペットボトル)として商品化されています。この白州蒸留所のシングルモルト「白州」は94年から展開をしていますが、やはり国産ウイスキーブームで、エイジものの一部が終売になったりしています。

    それに対して、知多蒸留所は1973年操業開始した、サントリーグループと全農グループが共同で設立した、グレーンウイスキーとスピリッツの蒸留所です。
    山崎と白州はモルトウイスキーの蒸留所なのですが、モルトウイスキーとは大麦麦芽のみを原料にしたウイスキーで、知多で作っているグレーンウイスキーはそれ以外の小麦などの穀物やとうもろこしなどを原料にしたウイスキーになります。

    ブレンデッドウイスキーを作るときには、このモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドして作ることになりますが、その結果生まれた「」や「サントリー角」は高い人気を博しており、目立ちませんがサントリーの屋台骨を支える蒸留所と言えるかも知れません。

    「知多」は知多蒸留所で生まれたグレーンウイスキーの原酒のみで造られた、シングルグレーンになりますが、軽やかな味わいでほのかに甘い香り、心地よい余韻などが魅力で、2015年の発売以来、好評を博しています。
    グレーンウイスキーというのは、それなりに珍しい存在で、国産ウイスキーではすぐに思いつくのは、この「知多」とニッカ宮城峡蒸溜所の「カフェグレーン」(アサヒビール ニッカ カフェグレーン 瓶700ml)ぐらいしか思いつきません。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    楽天
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM