<< 「富士桜高原麦酒お試し4本セット」 | main | ザ・ボタニスト ドライジン >>
2019.06.17 Monday

タリスカー 10年

0

    JUGEMテーマ:ウイスキー










    タリスカーは、スコッチウイスキーの中でもいわゆるアイランズモルトと呼ばれるシングルモルトの1つです。


    これは他の区分のように一定の地域を指す言葉ではなくて、アイラ島以外のスコットランドの島しょ部にある蒸留所で作られたシングルモルトを指す総称です。




    タリスカーはスカイ島という島にあるタリスカー蒸留所で作られます。




    スカイ島はインナー・ヘブリディーズ諸島のもっとも北方に位置する最大の島で、スカイ(SKYE)の名前は古ノルド語に由来し、霧の島を意味します。


    ちなみにタリスカー(Talisker)とは古代ノース語(バイキングの言葉)で「傾いた大岩」といういみだそうです。




    味わいは「舌の上で爆発するような潮の香り」といわれているぐらいで、北海の荒々しい海を思わせるような強烈なフレーバーが魅力。「宝島」や「ジギル博士とハイド氏」で有名なロバート・ルイス・スティーブンソンは「KING OF DRINKS」と呼んだそうです。



    濃厚で個性豊かというと、アイラモルトという印象が強いのですが、それとは又違った魅力を持ちあせた銘柄です。


    現在のラインナップは10年、ストーム、ポートリー、57°ノース、18年、25年、30年、ディティラーズエディションとありますが、その中では10年はもっともスタンダードなもの、味わいはこの中では一番ライトで、最初に試すには良いかと思います。




    現在はモアヘネシーディアジオが所有しており、日本でも比較的入手しやすい銘柄といえるでしょう。




    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM