<< タリスカー 10年 | main | ウイスキー、焼酎の安売りを大量購入 転売ヤーじゃないですよ。 >>
2019.06.17 Monday

ザ・ボタニスト ドライジン

0


    ザ・ボタニスト ドライジンは、最近なにかと話題になっているクラフトジンの銘柄です。


    作っているブルイックラディ蒸留所はいわゆるアイラモルトの1つです。
    スコットランドのアイラ島は古くからピーティでスモーキーな個性豊かなシングルモルトをつくる蒸留所がありますが、その中でブルイックラディは唯一地元の資本で運営されている蒸留所です。

    ジンは使用するボタニカルの種類や品質によって大きく味わいが変わる蒸留酒ですが、このザ・ボタニカルはこのようなネーミングをするだけあって、非常にこだわりがあって、22種類のアイラ島のボタニカルを中心に、一般的なボタニカル9種を合わせて使っています。
    使っているボタニカルの種類が多いだけに、味わいは複雑で芳醇なものになっています。

    ブルイックラディは1881年創業の歴史ある蒸留所でしたが、1994年に生産終了。その後、2001年に地元有志の手によって再開した蒸留所です。
    ウイスキー作りでもピートを使わないモルティングをしたものや、ライトピーティなもの。ヘビーピーティなもの、さらにはウルトラへビリーピーティなものと作り分けたり、意欲的な取り組みをしていますが、ジン作りにおいても土地の食材にこだわり、アイラ島に自生している野生のボタニカルを手摘みで採取して、世界で唯一のローモンド・スティルで、通常の3倍の17時間かけてじっくりと蒸留しています。

    ボトルは高級化粧品かなにかのような銀箔押しでエンボス加工を施したもので、飲み終えても、そのままインテリアの一部として使いたいようなボトルになっています。









    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM